42期(4年生)チームスタッフ
坂本ヘッドコーチ

42期では、挨拶と返事はしっかり、
人の話しはしっかり聞き、理解する。
物、人を大事にし、何事にも積極的に取組む。
何事にも「こだわる事」を指導しています。
サッカーについては、基本基礎を徹底的にトレーニングし、個人技術、個人能力を最大限に、フレキシブルに発揮し、賢い選手になれる様に日々、楽しく、こだわってトレーニングしています。

直近の試合結果
2022.11.08

東京U-10チャンピオンシップ 決勝リーグ 11/3

前回からのバイタルエリアを意識し始めた選手、意識しすぎた選手もいる。

アタッキングサードのポジションにおいて危険な選手とはどのような選手であるのか、やはり得点感覚に優れた選手であること!!

その結果にこだわる事が、得点王になれたのかな?おめでとう!!!

試合はやはり、勢いに押されて受け身の展開だったのは冒頭の5分程度。

ここは永遠の課題。。。。。

40%~90%を出せる選手!100%を出せる選手!

練習、試合で100%を出せる選手になって成長してほしい。

前回予選から成長した選手は、基礎をしっかりやり直そうと練習し、
自分たちのゲームモデルに沿ってひたすら基礎練習を繰り返しやってきた成果が今回の優勝へ導いてくれた。

おめでとう!!

優勝したことは自分たちの努力の証!

この結果に満足せず次のステージに行こう!!

 

準決勝:調布一小SC 〇

決勝:エルマーズFC 〇

 

対戦いただきました各チーム、選手、関係者の皆様、また会場運営いただきました文京区少年サッカー連盟様及び東京ユナイテッドFC様、非常に貴重な公式戦となりました。

ありがとうございました。

2022.10.25

東京U-10チャンピオンシップ  

第9回自治大会交流ジュニアサッカー大会

朝早くから、小石川運動場へGO

ピッチはどうだったのか?社会人関東リーグでも使用されているピッチ!

最近の練習をこの大会で発揮してもらいたい。

序盤はシュートパスを動かしながら、相手選手たちを食いつかせ

守備ブロックを広げたところで縦パスを通して一気にゴールに迫るなど持ち味は十分に発揮した。。。。。

ただ、1試合、2試合は一気にゴールに迫るもそこで集中が切れる。

ボールはもててはいるものの、バイタルバイタルエリアに入ってからの決定力(集中)ができておらず足元でしっかり受けシュートに

持ち込めたのは1本ぐらい。運動量ではエリア内に持ち込める事は今後も継続してほしいぞ。

永遠の課題にはなるが、集中力を残りの半年でどれだけ習得し基本プレーをさらにブラッシュアップし5年生になるか。

※サッカーを楽しむ事はいい事。ただ集中力はジュニアユース、ユースに行っても飛躍できる為の準備。

3日は同じ場所で、決勝トーナメント!

集中力!ぼーっとしない!ふざけない!人にばっかり言わない!

君たちならやれる。

清瀬イレブン 〇

ムスタングFC 〇

対戦しただいた各チーム選手、関係者の皆さん、お声かけいただき会場用意いただきました大会運営委員様、、お陰様で貴重な一日になりました。

11/3日もよろしくお願いいたします。

過去の戦績一覧を見る→