総合ニュース
2024.03.19
6年生(41期) 八王子市教育委員会表彰授与

第37回全国少年少女草サッカー大会の凖優勝により、八王子市教育委員会から表彰状を授与しました。

村椿代表と41期を代表してキャプテン、副キャプテンが授与式に参加。

グランドとは違う雰囲気で最初は緊張していましたが、チームの代表として胸を張って授与されていました。

全国少年少女草サッカー大会は静岡県清水市で開催され、子どもたちにとって一生の想い出に残る大会となりました!

【第37回全国少年少女草サッカー大会記録】

https://entry.kusa1987.jp/pc/tk037.html

【第37回全国少年少女草サッカー大会 動画】

https://youtu.be/at9gMxU9MfE

2024.03.13

たましんカップ

グループ1位で通過!!
但し負ければ終わりのトーナメント方式。。

1回戦目は流れがいつも通りの展開(´;ω;`)
2回戦目はまたまた同じ流れ(´;ω;`)

立ち上がりは常に変わらず
【勝つ意欲】はたいして重要ではない。
そんなものは選手一人一人が持ち合わせている。
重要なのは、勝つために準備する意欲。

トラップ精度。パスの受け方出し方。
練習で意識している選手!意識してない選手!
そこは自分で気づいてほしい。

トラップの瞬間とボールを持った時点では相手の
プレッシャーがないがふたつ目、3つ目のところ
で高い強度の寄せが来る。そのあとはフリーのまま
待ち出せるが、2タッチ目、3タッチ目を狙われる。

いわば相手の気持ちで負ける意識が大きく勝敗が
出てしまった。

努力して結果出ると、自信になる。
努力せずに結果が出ると思いあがる。

基本を大事にパス&ゴー!!!!
パスをしたらパスコースを作る動きをする!
ちょっと難しいけど本当の意味はパスコースを
作る動きを再度見直し!!練習!練習!

残り1年、このままじゃ成長はしない。

本当に残りで選手の気持ちがどう変わりどう成長するか。。

 

・若草SC 〇

・鑓水SC ×


対戦いただきました各チーム、選手、関係者の皆様、また会場運営いただきましたスタッフ皆様、非常に貴重な試合になりました。
ありがとうございました

2023.08.07

 

 

4年ぶりにチーム合宿を開催

7/22~7/24の2泊3日でチーム全体で合宿に行ってきました。4年ぶりのチーム合宿で準備から当日の運営まで大変なところもありましたが、天候にも恵まれて充実した合宿を行うことができました。コロナ禍中は学年単体で遠征合宿に行くことはありましたが、やはりチーム全体で行く合宿は格別でした。

何よりも子供たちの学年間の繋がりができることや、最終日には6年生による決意表明を行い、決意表明をした6年生の成長は勿論ですが、それを見ていた下級生にとっても

刺激になったのではないでしょうか。準備から当日の運営に携わっていただい保護者の皆さん、ありがとうございました!まだまだ暑い日が続きますが、サッカーを通じた子どもたちの成長をチーム一丸となって取り組んでいきましょう。

2023.05.12
2023年05月07日 ★第47回春季カップ優勝★ 成長期でけが人もいる中でメンバーを入れ替え大きな戦術を春合宿から 個々に教え込んだ大会。 パスワークをそれぞれが正しい位置取りで制限し、つぶしにかかり、自由を奪った。 加えてこの日の雨でスリッピーなピッチも奪って速攻を仕掛けプラスに動いた。 そして準決勝とほぼ同じメンバーで臨み、開始10分にいきなり先制した。 それでも得点力のある相手に追加点を与えず持ちこたえると、 徐々にオープンな展開へ。そして、一瞬のスキを突いてクネクネの 右から左に流れたボールをビックアイがエリア内中央に右足で蹴り込んだ。 引き気味に構え、ゴール前は固め、相手の崩しのスペースを消して決定機を簡単に作らせなかった。 その分、中央に空いてもらったウエートの左が刺さり決勝点へ 天気が悪い中での影響として、内容はgood!!!ただしここで満足はしてはいけない。 個々の能力・ケガなど高学年になるにあたりいっぱい出てくる。 これから大きな大会が多く、ルールも徐々に覚えてスキルアップしていかないといけない。 そして挨拶はしっかり、ベンチでは座って観戦。当たり前の事を当たり前にやる。 ARTE陵南 〇 みなみ野SC-Y 〇 ARTE片倉 〇 みなみ野SC-B 〇 対戦していただきました各チーム、選手の皆様、また、会場運営していただきました、八王子サッカー協会少年部、審判部の皆様、本当にありがとうございました。
2023.05.12
3月30日(木曜日)~4月1日(土) ★★春強化合宿★★ ●理解力●自主性●調和力 上記3項目は全体的レベルとして低い! この3つを考えながら合宿でどう伝えるか・・・ 毎年この学年だけではなくサッカー全体的に下がっていると感じているのは私だけ?かな? チーム内競争が足りない、現実的な目標!!! 口で言うよりも自分の行動やプレーによって引っ張っていきたい。 『あいつがあれだけやっているなら俺(私)も頑張らなくちゃ。俺(私)もやってやろう』 と思われるような存在になってもらいたい。 ジバリアの考える力は大きく感じる。但し軸足が毎回(外側)気になってしまう。練習で少しでも前の余裕を見れると次の一歩が早くなる。 今回の大会を通して、キャプテン/副キャプテンをコーチが決まり新体制での5年生が始まる! 一気に全てができるわけじゃない!!!一個一個の積み重ねでできることで個々の能力が発揮する! 合宿の成果は少し見えたかな?整理整頓!Good!!!
2023.03.31

40期進路先に関して

40期の進路先が決まりましたのでお知らせします。
40期は最後までシルクロードらしいサッカーを体現してくれました。
41期以降の子どもたちにとって憧れでもあり目標であった40期のみんな。
次のステージでも更なる飛躍を期待しています。
 
進路先(五十音順)
 
・FC AVIENTO  4名
・AZ'86東京青梅 1名
・インテルアカデミー 1名
・FC 多摩  4名
・FC GLORIA  2名
・FCベルテール  1名
・中体連   1名 
・ペスカドーラ町田 1名
・ファサネイト 1名
・府ロクレディース 1名